hCG注射は痛かった!でも大丈夫!我慢できる痛みだよ!

妊活・不妊治療

こんにちは。ヤスコです。

現在妊娠20週。妊娠6ヶ月目に突入しております。

私が今のように妊婦になる前には、約5年ほど妊活と約1年ほどの不妊治療を行なっていました。

そして、治療をはじめた当初から打ちはじめていたのがhCG注射です。

「hCG注射は痛い」とよく聞いていたので、正直不安でした。

実際治療を行ってみて、hCG注射は正直「痛い」です。

でも安心してくださいね。「痛い」と言えど、我慢できるくらいの痛みですから。

今日はhCG注射を8回打った経験のある私が、hCG注射の痛みについてお話ししようと思います。

スポンサーリンク

hCG注射は採血よりは痛い!

痛みの感じ方って人それぞれです。

なので、一個人の感想として聞いてもらえればいいです。

私がhCG注射を打った時に感じたのは、「採血よりも痛いぞ!」という程度の痛み。

なので、痛いは痛いです。

でも、悲鳴をあげるほどの痛みではありませんね。

歯医者さんでの虫歯治療が我慢できる人なら、我慢できるくらいの痛みです。

インフルエンザの予防摂取と同じくらいの痛みというのが、私が一番しっくりくる感想ですね。

お尻と腰にhCG注射を打っていた

私の場合は、生理周期に合わせて月に1回hCG注射を打っていました。

ちなみにhCG注射は、筋肉注射と呼ばれるタイプの注射。

病院によって、hCG注射をうつ場所は違うみたいですね。

私は、不妊治療の病院を1度転院しています。

最初の病院では、お尻に注射を打たれてました。

ベッドにうつ伏せになって、スカートとかパンツをお尻のほっぺたがみえるくらいまでずり下げます。

それで、看護師さんにこんなことを毎回聞かれてましたよ。

看護婦さん
看護婦さん

「今日は右と左のお尻どっちがいいですか〜?」

どっちに打たれても痛いので「どちらでも」と答えてましたけど。

または「前回は右に打ったから今回は左。」とか言ってました。

注射を打たれてる時間自体は、数秒ほどのものです。

でも無痛なわけはなく、それ相応に痛い。

転院先の病院では、腰周りに注射を打たれました。

椅子に座って、背中をめくったまま腰に注射を打っていた感じです。

お尻と腰、どちらが痛かったかと聞かれたら、打ったタイミングによっても違いました。

どちらも「あれ?全然痛くない!」っていう時もあれば「イッターい!!」っていう時もありましたから。

「痛い」と「痛くない」は感覚機能の違い

たとえ同じ看護師さんに注射を打ってもらっても、前月より今月の方が痛かったっていう時がありました。

私は、看護師さんによって注射の上手い下手があるせいだと思ってたんですよね。

でも、「痛い」と感じるか「それほど痛くない」と感じるかは、実は注射を打つ部分の感覚機能の違いみたいです。

人間が痛いと感じる「痛点」という感覚は、全身に点のように張り巡らされているんだそう。

そのため体のパーツによっても、痛点が多い場所と痛点が少ない場所があるんです。

痛点が多い場所に運悪く刺さってしまえば痛みを強く感じるし、少ない場所に刺さればあまり痛みは感じない。

ようはその日に針を刺す場所次第でも、痛みに違いが生じるみたいですね。

hCG注射を打った後には痛みは残らない。しかしものすごく眠い。

注射を打った後は「よーく揉んでおいてください。」と看護師さんに言われていました。

打った直後は確かに、筋肉痛のような青アザができた時のような軽い痛みが残ります。

でもベッドから起き上がれないほどとか、椅子から立ち上がれないほどの痛みではありません。

注射特有の「チクっ!」「痛い!」で通常は終わりです。

もしも痛みがひどく残るようなら、お医者さんや看護師さんに相談した方がいいかもしれませんね。

注射を打った後はとにかく眠い

hCG注射のhCGとは、絨毛性性腺刺激ホルモンのことを指します。

hCG注射にはいくつかの目的がありますが、私が打っていた大きな目的は「排卵を促すため」です。

私は、排卵に問題があって不妊だった訳ではありません。

でも原因不明の不妊だったため、医師の選択で打っていました。

知っている人も多いと思いますが、女性の体温は生理周期に合わせて以下のように低温期と高温期に別れています。

  • 排卵〜生理開始までが体温の高めな高温期
  • 生理開始〜排卵までが体温の低めな低温期

私の場合、いつも排卵前にhCG注射を打っていました。

そのためhCG注射を打つと、体感的に一気に体温が上昇して高温期になる感じがしたんですよね。

hCG注射を打った後は、とにかく眠い。ダルい。

あまり仕事にも集中できないことが多かったなと思います。

注射が痛いのは一瞬だけど、その後は一日中眠気とだるさが残る感じでした。

注射を打った後の症状があまりにもひどければ医師に相談

私のようにhCG注射を打った後に、眠気やダルさに襲われる人は多いみたいです。

でも人によっては卵巣が腫れてしまったとか、腹部に痛みを感じるという人もいます。

また吐き気やめまいなどの、ひどい症状がある人もいるようです。

あまりにも症状がひどい場合には、必ず病院に連絡をして医師に症状を伝えるようにしましょうね。

治療法として他の方法を提案される可能性もありますので、くれぐれも無理はしないように。

hCG注射は我慢できる程度の痛みが一般的

このようにhCG注射は、痛いは痛いんですけど大人であれば比較的我慢できる程度の痛みです。

ただし痛みには個人差がありますので、「絶対大丈夫」とは断言できないんですけどね。

もしも強烈な痛みを感じたり、注射の後も体調を壊したりするようならすぐに病院に伝えた方がいいです。

注射の痛みは不安になる人も多いと思いますが、終わってしまえばなんのそのですよ。

大丈夫!私もhCG注射打ってもちゃんと生きてますから!

変なところに力が入らないように、リラックスして挑みましょう!