FX超初心者がDMMのデモ口座で取引してみた1日目

不妊治療や子育て中の収入事情

こんにちは。ヤスコです。

地味にFXの勉強をしている私。

そして先日ついにデモ口座を開設いたしました。

「まだデモ口座使ってんの!?」と驚かれた方もいるでしょう。ふっふっふ!

ノロマな亀さん状態で申し訳ないのですがね!

今日は、FXのデモ口座で初めてトレード体験をしてみようと思いますよ。

スポンサーリンク

FX超初心者だけどDMMのデモ口座で取引してみたよ

FXって、値動きが上がるか下がるかを当てるゲームのようなもの。

別に難しいことなんてないよね!?だって当たるか外れるかの確率は2分の1。

上がる判断材料も下がる判断材料もよくわからないけれど、とりあえずやってみようと始めたDMMのデモ口座。

架空の資金として500万円を貰ったので、そこからのスタートです。

何を売り買いすればいいのかわからないからとりあえずUSD/JPYでスタート

で、FXってどの通貨を買えばいいの?全然わからない…。

とりあえず初心者なのでハイリスクハイリターンなマイナー通貨よりもメジャーな通貨を買ってみようと思いました。

ということで、メジャーもメジャーなUSD/JPYのペアにてやってみよう。

買いか売りかわからないのでポリンジャーバンドを参考にしてみる

よっしゃ!じゃあ早速注文を出してみようー!と、張り切るも、確率2分の1なのに中々注文をだす決心がつかない…。

だって、なんの予備知識もないもんだから上がるか下がるかさっぱりわからない。

っていうか、どうせやるならたとえデモでも勝ちたい…。

なんか、初心者でもわかりやすくて参考になるものないの?と考えた挙句、比較的初心者でも相場を読むのに役立ちそうな「ポリンジャーバンド」を発見!

初心者でも理解しやすいポリンジャーバンドとは?

ポリンジャーバンドとは、FXで注文を出す際に上がるか下がるかを予測するためのテクニカル指標というチャートツールの1つ。

大きな値動きのない「レンジ相場」と呼ばれるような相場で利用することができるテクニカル指標のようですね。

ポリンジャーバンドにはチャートに5本の線が表示され、それぞれの線が以下のように呼ばれています。

  • 中央線
  • ±1σ(シグマ)
  • ±2σ(シグマ)

この線を元にチャートが+2σに到達したら「売り」、チャートが−2σに到達したら「買い」の目安にするという方法です。

今がレンジ相場なのか、そうじゃないのか良くわかりません。

まあ、でも難しいことは少しずつ覚えることにして、このテクニカル指標を使ってやれることをやってみよう。

ポリンジャーバンドを表示させる方法

DMM FXでは、ろうそく足チャートの上部に表示されている「テクニカル指標」をクリックします。

そのあと「ポリンジャーバンド」にチェックボタンをいれて「設定を終了する」をクリック。

するとポリンジャーバンドと呼ばれる5つの黄色っぽい線がロウソクチャートの裏に表示されます。

ポリンジャーバンドを利用して30分間取引してみた

+2σにチャートが到達したら「売り」−2σにチャートが到達したら「買い」。

それだけを守って、初トレードにチャレンジだー!

っということで、1分足チャート(実際どの時間足のチャートをみたらいいのかわからなかったため。)をみながらトレードしてみることに。

早速−2σの線に触れそうなチャートだったため、「買い」ボタンをクリックし、ポジションを持ってみました。

注文方法は一番簡単そうな成行注文で。

操作は簡単、ただ「買 Ask」のボタンをポチるだけ。

「−2σの線に触れそうなところで買ってるんだから後は上がるだけでしょ!ふふふ。」

と決済ボタンを押す準備万全で待ち構える私。

しかし!あれ?なんか上手く上がらない、っていうか、微妙に下がっている。

なんか、損益も-250円になってるし、これってどうなの?もう売りたい。

そんなネガティブな気持ちになったものの、とりあえず-1σの線を抜けるまで待ってみようと我慢した私。(時間にして数分)

数分間値動きが微妙な下りは見せたものの、その後は上昇。

+2σに価格が到達したところで「決済」。

結果「+260円」となりました。

FXデモ取引1日目の感想

取引自体がはじめてだったので、なんだかめちゃくちゃ緊張した。

でもポリンジャーバンドについては微妙に分かった。というか、この線があるおかげで感情に流されずに冷静でいられるのかも。

明日はもっと他のことを試してみようと思いますよ!