赤ちゃんの睡眠。生後3ヶ月までの睡眠サイクルはこうだった!

産後の子育て

こんにちは。ヤスコです。

もうすぐクリスマスですね!

年の瀬が近づき年始には第一子である息子も生後4ヶ月になります。

現在は生後3ヶ月半をすぎた息子。

生まれてから4ヶ月が経過する間に、大分睡眠事情も変わりました。

特に今生後数週間〜2ヶ月くらいの赤ちゃんのいるご家庭では、お母さんがあまり眠れずに疲れ切っているおうちもあるでしょう。

お疲れ様です。本当にお疲れ様です…。はっきり言って辛いですよね!!

私も、生後1ヶ月2ヶ月の頃は、こんな日々がいつまで続くんだろうと、絶望していました。

でも、息子が生後3ヶ月半を過ぎた今、大分楽になってきましたよ!

と言うコトで、今回は生まれてから生後3ヶ月を過ぎるまでの我が家の赤ちゃんの睡眠事情についてお話ししようと思いますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの睡眠時間と睡眠事情は刻々と変わる

赤ちゃんによっても個性があるので、「生後○ヶ月になったら絶対楽になる!」とは言えないのが子育て。

私も、なかなか寝てくれなかったり夜泣きがひどいような時期には「この状況がいつまで続くの…!?」と絶望したものです。

ここで紹介する赤ちゃんの睡眠事情は、私と私の息子の体験談。

全ての子に当てはまるわけじゃないけど、睡眠不足で絶望しているお母さんにあとどのくらい頑張ればいいのかの目安になれば嬉しいです。

あれ!?子育て意外と楽かもしれない!誕生〜生後3週間まで

壮絶な陣痛の痛みと戦いながら無事に生まれてきてくれた我が息子。

病院での出産でしたが、生まれた日の夜から助産師さんが面倒を見てくれました。

そのため誕生〜生後1週間ほどの期間は、半分以上助産師さんが面倒を見てくれていたような状態。

授乳こそ3時間おきにあるけれど、割とゆっくり休めた1週間でした。

そして退院と同時に自宅へ戻り、赤ちゃんと自分の生活が始まったのですが、意外とちゃんと寝てくれる。

そりゃ3時間おきくらいには起きちゃいますが、割とまとまって寝てくれるので、自分も家事そっちのけで眠れる時に寝てたって感じですね。

ただ、慣れない抱っこで腱鞘炎になったり、乳首が痛くて泣いてました。

ある日突然寝なくなる!泣き叫び続けた生後3週間目〜生後2ヶ月

乳首が痛い、まとめて寝れないなどちょこちょことストレスはあったものの、何とか生活できていた生後数週間。

しかし生後3週間目から、あんなに良い子でベビーベッドで寝てくれていた息子が急に眠りが浅くなりました。

ベッドに置こうとすると泣き叫び、常に抱っこしてないと寝てくれない状態に。

この頃が一番キツかったです。

抱っこで手首も痛いし、とにかく眠ってくれないストレスが酷くて、意識もモウロウとしていましたよ。

一番人に頼らなければいけない時期だったと思います。

この時期はとにかく自分の睡眠時間を確保するために、人に頼れる部分はとことん頼ってしまいましょう。

たとえば「3時間だけ寝たいから預かって!」とかね。

長い長い子育て期間はまだ始まったばかり。

お母さんが健康に過ごすことが赤ちゃんの健康にも繋がります。

誰にも頼れず、どうしても寝てくれない時や泣き止まない時には、私は抱っこ紐に頼っていました。

首すわり前は抱っこ紐で乗り切ろう!おすすめは縦抱き型!
現在息子が生後3ヶ月。 昨日ついに!!首がしっかりすわったんです!!!!! 首がすわった瞬間て結構はっきり分かるものなんですね!驚き! しかし、首すわり前はつらかった。 いや〜首すわり前の赤ちゃんの面倒を見るのって、...

少しずつ赤ちゃんが一人で眠れるようになってきた生後2ヶ月半〜3ヶ月

まだまだ首もグラグラするけれど、少しずつ首すわりに近づいてきた生後2ヶ月半〜3ヶ月の頃。

この頃になると、抱っこしなくても赤ちゃんは徐々にベッドやハイローチェアで2〜3時間ほどはまとめて寝てくれるようになりました。

夕方になると「黄昏泣き」の症状で、やはり抱っこでも2〜3時間泣き通すこともありますが、夜から午前中にかけてはかなりお世話が楽になったのです。

一日中抱っこ紐不要で生活できた日もありました。

オムツ替えや授乳後に少し、外をお散歩したり、手足を動かして遊ぶだけであとは自分で勝手に眠ることができるようになってきたんですよね。

赤ちゃんの睡眠サイクルでお母さんはできるだけストレスを溜めないようにね

赤ちゃんが生まれると、どうしても自分よりも赤ちゃんが優先になります。

そのため、睡眠不足に陥ってしまうお母さんがほとんどですよね。

おしめを交換しておっぱいやミルクをあげても、それでも泣き止まない場合には、お母さんも一旦赤ちゃんをほったらかして、落ち着いて温かいお茶でも飲みましょう。

赤ちゃんを泣かせっぱなしにするのは良くないと思うあまり、思いつめてしまう方が心配です。

何時間も放置するのは問題ですが、お母さんが自分の気持ちを冷静にするために数十分休憩するのは悪いことではないと思います。

15分でも20分でも、自分のための休憩を入れてから赤ちゃんと向き合った方が冷静になれますよ。

長い長い育児。できるだけ気軽に行きましょうね。