赤ちゃんとお出かけはいつから?どこへ?外出の必需品はこれ!

産後の子育て

妊娠、そして出産を経てやっと出会えた赤ちゃん。

まだまだ小さくて、とても可愛いものですよね。

産後しばらくの間は、赤ちゃんと家の中にこもりっぱなしというお母さんもいるでしょう。

しかし、「そろそろ外出したいな〜」とか、「お買い物にいきたいな〜」って考える人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、赤ちゃんとのお出かけはいつから?どこに出かけるのが良いのか、そして外出時の必需品などについて詳しく紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの初めてのお出かけは1ヶ月検診・お宮参り・近所のお買い物が多い

私の場合は、赤ちゃんとの初めてのお出かけは1ヶ月検診でした。

病院まで自宅から車で片道30分、往復1時間のドライブです。

生後1ヶ月検診はどこの病院でも行われることがほとんどだと思うので、生後1ヶ月検診が初めての外出になるという赤ちゃんも多いと思います。

赤ちゃんが初めて長時間外出したのはお宮参り

次に赤ちゃんが初めて長時間外出したのは、お宮参りの時でした。

時間としては、4時間くらい。

生後32日目くらいで初めての長時間の外出といえるものになりました。

行った場所は、神社とフォトスタジオ。

出来るだけ人の多い日は避けて、行なったのを覚えています。

普段の生活の中で赤ちゃんの初めての外出はコンビニとスーパーからスタート

一番最初の赤ちゃんとの外出は1ヶ月検診とお宮参り。

それ以降、普段の生活の中でも生後1ヶ月くらいからちょこちょこと外出するようになりました。

まず最初に行ったのは近所のコンビニ。

コンビニへの外出は、滞在時間5分程度で2〜3回ほどお外に慣れるために通いました。

そして次に外出したのは、ショッピングモールへのお買い物。

コンビニでのお買い物よりも長時間外出の外出になるため、下調べや準備などを入念に行いました。

赤ちゃんとの初めてのお出かけする場所は事前にリサーチするのがベスト

赤ちゃんとの初めてのお出かけって、本当にドキドキです。

家でのお世話にもまだまだ慣れていない状態での赤ちゃんとの外出は、結構エネルギーを使います。

出来るだけスムーズに赤ちゃんと外出をするためにも、外出先の情報はしっかり調べておくのがおすすめです。

行き先に授乳室やオムツ交換所があるかどうか

赤ちゃんとの外出で大変役に立つのが、授乳室やオムツ交換所です。

だいたい大きいスーパーやショッピングモール、百貨店などには授乳室やオムツ交換所が用意されています。

初めて赤ちゃんを授かったというお母さんの場合、授乳室やオムツ交換所に入ったことがないという人もいるでしょう。

赤ちゃんと一緒の外出であれば、授乳室やオムツ交換所を利用するのは大変便利です。

カーテンで仕切られたお部屋で授乳ができたり、広いベッドの上でオムツ交換ができたりと楽に赤ちゃんのお世話ができますよ。

またミルクを作るようにお湯やシンクが用意されていたり、離乳食をすぐに出せるように電子レンジが用意されているところもあります。

基本的に授乳室は女性のみとなっていますが、オムツ交換所まではパパさんも入れるようになっている場所もあるようです。

また大きなショッピングモールなどでは、保健師さんや助産師さんが常駐している授乳室などもありますよ。

赤ちゃんと初めて外出するのであれば、授乳室やオムツ交換所がある場所を選んでおくと安心です。

赤ちゃんの具合が悪くなった時にすぐに帰れる距離かどうか

赤ちゃんは大人よりもずっと疲れやすく、抵抗力もまだまだ弱いもの。

赤ちゃんは、ちょっとの外出で具合が悪くなってしまう可能性も高いものです。

万が一、外出先で体調が悪くなってしまう可能性もあるので、慣れないお出かけはすぐに家に帰れる程度の距離にしておくのが良いでしょう。

また何かあった場合のことを考えて、かかりつけの病院にすぐに行けるように病院が開いている時間を狙ってお出かけするのもおすすめです。

赤ちゃんの体調を最優先して外出をするようにしましょうね。

感染症などが流行っている季節や気温の差が激しい季節には外出は控えよう

出産した季節によっては、ちょうど外出の時期にインフルエンザなどの感染症が流行っているということもあるでしょう。

また季節によっては極端に暑い日や寒い日もありますよね。

赤ちゃんは大人に比べて、まだまだ抵抗力が弱く疲れやすいものです。

そのため感染症が流行っている季節や、気温の変化が激しい日などは極力外出は避けるようにして、しばらく様子を見るようにしましょう。

首すわり前でも使える抱っこ紐を利用してお買い物のシミュレーション

「首すわり前でも、おくるみで包んで両手で抱っこで外出できる!って考えているお母さんもいるかもしれませんね。

たとえ数kgの赤ちゃんといえども、長時間両手で抱っこしているのは結構重いもので、手首や肩・腰がかなり疲れます。

また首すわり前だと、ショッピングモールに用意されているベビーカーなどは利用できないことがほとんどです。

さらにお買い物の場合には、お財布を出したりするので両手が使えないのはかなり無理があります。

そのため、首すわり前の赤ちゃんでも使える抱っこ紐を利用してお出かけするのがおすすめです。

↑で紹介したボバラップを利用すれば、首すわり前でも巻き方次第で赤ちゃんをしっかり抱っこできますよ。

ボバラップを使った新生児の詳しい抱っこの仕方については↓の記事をどうぞ。

首すわり前は抱っこ紐で乗り切ろう!おすすめは縦抱き型!
現在息子が生後3ヶ月。 昨日ついに!!首がしっかりすわったんです!!!!! 首がすわった瞬間て結構はっきり分かるものなんですね!驚き! しかし、首すわり前はつらかった。 いや〜首すわり前の赤ちゃんの面倒を見るのって、...

赤ちゃんとの初めての外出で持っていきたい準備品

赤ちゃんとの外出は、外出先をしっかりリサーチしておくことも大切ですが、持ち物もかなり重要です。

私が赤ちゃんとの初めての30分以上の外出で、持っていったもは以下の通りです。

ハンドタオル

ちょっとした吐き戻しやヨダレなどにすぐに対応できるように、洋服のポケットに1枚入れておきました。

大きめのタオル

ハンドタオルの他に、手ぬぐいサイズのタオルも1枚バッグに用意。

こちらはウンチやオシッコなど、何かしら大きなお粗相が会った時に使おうと思って持っていきました。

オムツを5枚ほど

どれくらいの時間で外出するのかによってもオムツを持っていく枚数は異なります。

私は1時間くらいの外出の場合には3枚くらい、半日の外出の場合には5枚くらいをバッグに準備しておきました。

生まれたばかりの赤ちゃんはウンチの回数も多く、まめに交換が必要かなと思ったためです。

おしりふき

オムツ交換時の赤ちゃんのお尻を拭くために持参。

一度家に忘れてしまったことがあったのですが、赤ちゃんのおしりふきが売っているコンビニを探すのが結構大変でした。

赤ちゃんの予備の下着・着替え

生後間もない赤ちゃんは、外出中に吐き戻しやウンチ・オシッコなどでお洋服が汚れてしまうこともしばしば。

そのため下着やロンパースを予備で数着ほどバッグに入れておきました。

赤ちゃんのお洋服はとにかくコンパクトなので、バッグの中でかさばることもそうそうありません。

哺乳瓶や授乳ケープなどの授乳グッズ

その他にも授乳グッズもしっかり持参。

私の場合には、授乳室のあるスーパーに出かけたため、それほど心配はしてませんでした。

しかし授乳室のない場所に出かけるのであれば、母乳の場合には授乳ケープ・ミルクの場合には哺乳瓶と携帯用の粉ミルクが必要になるでしょう。

私は生後1ヶ月では母乳の量が不安定だったこともあり、長時間の外出の際にはしばらく哺乳瓶2本とポット(お湯が入っている)、それから小分けになった粉ミルクをバッグに入れていましたよ。

赤ちゃんとのお出かけ!最初は無理せず近場から始めよう

赤ちゃんとの待ちに待ったお出かけは、お母さんもワクワクするものですよね。

しかし赤ちゃんの様子を見ながら、無理せずゆっくりスタートさせるのがおすすめです。

最初は近場から短時間でスタートし、長時間のお出かけを目指してゆきましょう。