妊活の葉酸サプリおすすめ4選!いつから飲み始めるかも詳しく解説

妊活・不妊治療

妊活をスタートさせた人の中には、サプリメントを利用しながら妊娠を目指したいという人もいるでしょう。

中でも妊活のサプリメントとして人気があるのが、葉酸の含まれるサプリメントです。

しかし葉酸の含まれるサプリメントにも実に色々な種類が登場している現代。

より安全で効果の高い葉酸サプリを利用したいですよね。

そこで今回は、妊活中の女性に向けたおすすめの葉酸サプリ4つを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊活の葉酸サプリメントおすすめ4選!

妊活中から妊娠後まで積極的に摂取したい葉酸サプリ。

しかし現在では、実に豊富な種類の葉酸サプリが登場していますよね。

葉酸サプリを利用したいけれど、安全で効果が一番期待できるのはどれ?とお悩みの人もいるでしょう。

次項より、安心安全に利用できる妊活のための葉酸サプリを紹介していきます。

妊活中から妊娠後まで長く使えて安心の【BABY葉酸ママの恵み】

>>【BABY葉酸ママの恵み】の詳細はコチラ
 

メリット デメリット
  • 妊活や妊娠中に必要な栄養素がバランス良く含まれ長期的に利用できる
  • 粒が小さめで飲みやすい
  • 1回分ずつが個別包装になっているので持ち運びしやすい
  • 極端に妊活に特化した成分ではない
  • 若干葉酸の香りが気になる人もいる
いぬ
いぬ

こんな人にオススメ!

「サプリを持ち運ぶことが多く、バランスよく葉酸や他の栄養素を摂取したい人」

妊活中や妊娠中の女性に対して、厚生労働省の推奨する1日の葉酸摂取量は400μg。

しかも厚生労働省の奨励する「モノグルタミン酸型」の葉酸が400μgしっかりと含まれているのが【BABY葉酸ママの恵み】です。

葉酸には「モノグルタミン型」と「ポリグルタミン酸型」という2つの種類があります。

【BABY葉酸ママの恵み】に含まれる「モノグルタミン酸型」の葉酸は、「ポリグルタミン酸型」の約2倍の吸収率がある葉酸です。

つまり【BABY葉酸ママの恵み】は、水に溶けやすく熱に弱い葉酸を効率よく摂取することができます。

他にもカルシウム・鉄分・ビタミン・ミネラルなど、妊活に必要な栄養素も豊富に含まれているのも特徴です。

妊活中・妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期と飲む量を調整しながら安心して利用できる葉酸サプリですよ。

天然酵母ベースの葉酸と妊活の強い味方のピニトール配合【ママナチュレ】

>>【ママナチュレ】の詳細はコチラ

メリット デメリット
  • 葉酸の気になる匂いがほとんどない
  • 天然酵母ベースの葉酸で効率よく摂取できる
  • 妊活で注目されている成分ピニトール 配合
  • 袋が小分けになっていないので持ち運びが不便
ねこ
ねこ

こんな人にオススメ!

「葉酸成分を効率よく摂取したい。妊活に有効な成分を積極的に摂取したい人」

天然酵母ベースの「モノグルタミン酸型」葉酸が含まれている葉酸サプリの【ママナチュレ】。

酵母が含まれた葉酸は、体内での滞在時間が長くなり効率よく葉酸を吸収することができるというメリットがあります。

また女性のサイクルを整えて安定させる効果のあるピニトールを配合しており、妊活に良いアピールができる可能性を高めてくれるのです。

ピニトール は海外でも注目され始めている妊活に効果ができる成分であり、日本国内の葉酸サプリメントの中にはほとんど含まれていません。

ピニトール はイナゴマメの鞘から抽出される天然の成分なので、妊活中でも安心して利用できますよ。

さらにビタミン・ミネラル・鉄分などの栄養素も含まれているので、普段から不足しがちな栄養素も効率よく摂取することが可能です。

葉酸を中心にプレママに必要な高品質の栄養素を含んだ【ママニック】

>>【ママニック】の詳細はコチラ

メリット デメリット
  • 食品コーティングされているので匂いを気にせず飲みやすい
  • 国内葉酸サプリの中でも一番含まれる栄養素がの種類が豊富
  • 妊活だけでなく美容面の効果も期待できる
  • 妊活に特化した成分だけではなく、美容や健康面に配慮した成分も含まれる
くま
くま

こんな人にオススメ!

「葉酸はもちろんのこと出来るだけ豊富な種類の栄養素を一度に摂取したい人」

妊活にしっかり取り組める成分を、必要な分だけ凝縮したサプリメントの【ママニック】。

葉酸をはじめとする40種類以上の栄養成分が絶妙なバランスで配合されている、頼もしいサプリメントです。

「モノグルタミン酸型」の葉酸は400μgがしっかりと含まれている上に、鉄分・カルシウム・ビタミン9種類・ミネラル・そして乳酸菌も配合されています。

さらに国産野菜8種類に加えて美容成分も8種類が配合されており、妊活女性の美容や健康もしっかり応援してくれるサプリメントです。

また配合量は栄養機能食品の規格基準値や日常の摂取量を考慮して調整されているので、過剰摂取の心配もありません。

「妊活中に効率よく必要な栄養素を摂取したい」という人におすすめの葉酸サプリメントです。

妊活にターゲットを絞り込み本当に必要な栄養素のみが厳選された【ベジママ】

>>【ベジママ】の詳細はコチラ

メリット デメリット
    • 葉酸+ルイボス+ピトニールと妊活特化型の成分に厳選されている
    • 自社工場で製造されているので安心安全に利用できる
    • 国産サプリなのにピトニールが入っている
  • 妊活特化型のサプリメントなので妊娠中などには不向き
うさぎ
うさぎ

こんな人にオススメ!

「妊活に長特化した安全なサプリメントを利用したい。」

「葉酸+ピニトール +ルイボス」と、妊活に効果的な成分のみを厳選して配合しているのが【ベジママ】です。

【ママナチュレ】同様に日本国内のサプリメントでは珍しいピニトールが配合されています。

さらに【ベジママ】のピニトール は自社の工場で栽培されているアイスプラントを使用。

厳しい品質管理のもと生産されているため、安心して利用することができるのです。

また「モノグルタミン酸型」の葉酸が400μg含まれているので、妊活に必要な葉酸の量もこのサプリ1つで十分に摂取できます。

美容や妊娠後の成分よりも、妊活に特化した成分が含まれているので、妊活期間に集中して必要な成分を摂取したいという人におすすめのサプリです。

妊活の葉酸サプリはいつからいつまで摂取するべき?

妊活から妊娠中まで葉酸を摂取することは、非常に重要です。

しかし実際にいつからいつまで摂取すればいいのかがわからないという人もいますよね。

ここでは、葉酸の摂取で得られる妊活の効果や効果的な摂取のタイミングについて解説していきます。

そもそも葉酸ってなに?

葉酸は妊活や妊娠中に積極的に摂取すべき栄養素ということは知っている人でも、実際にどんな効果が得られるのかを知らない人もいるでしょう。

葉酸は水に溶ける水溶性ビタミンの1種でありビタミンB群の1種です。

簡単に説明すると、葉酸を摂取することで以下のような効果が期待できます。

  • 赤血球を作り血行を促進→生殖機能を活性化させ妊娠しやすい体を作る
  • 神経管閉鎖障害のリスクを下げる
  • 細胞の新生を助け胎児の成長を助ける

妊活を始めたら出来るだけ早く葉酸の摂取を始めよう

厚生労働省では、妊娠する1ヶ月以上前から葉酸を摂取することを推奨しています。

これは妊娠初期に適量の葉酸を取ることで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスクが70%下がることがわかっているためです。

なぜなら妊娠1ヶ月目などの妊娠超初期の場合、妊娠に気づかないことがほとんどでしょう。

そして妊娠に気づいた段階では、妊娠2ヶ月目に入っている場合がほとんどです。

少しでもリスクを下げるためにも、妊活の段階から葉酸を摂取することがすすめられています。

また葉酸は、血行を促進し子宮や卵巣の機能を高める効果も期待できます。

このような理由からも、妊活を始めたら出来るだけ早く葉酸を摂取するようにしましょう。

葉酸摂取は妊娠から授乳期まで摂取がおすすめされている

妊活中や妊娠初期に積極的に摂取することがすすめられている葉酸ですが、実は授乳期まで摂取するのがおすすめです。

妊娠中は出産までの間、赤ちゃんがお腹の中でどんどん大きくなっていきます。

そして赤ちゃんに酸素や栄養を送り込むために必要になるのが血液です。

そのため妊娠中は貧血気味になりやすく、鉄分の摂取をすすめられます。

鉄分も血液を作るためにもちろん必要な栄養素ですが、葉酸も赤血球を作るために必要な栄養素です。

このように貧血を防止するという意味でも、葉酸は妊娠初期から後期までしっかり摂取すると良いでしょう。

また赤ちゃんが生まれてから飲む母乳も血液から作られます。

そのため赤血球を作り出す葉酸を積極的に摂取するのがおすすめです。

妊活中・妊娠中・授乳中はどれくらいの葉酸を摂取すべき?

妊活中・妊娠中・授乳中の合成葉酸の摂取量ですが、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」では以下の量が推奨されています。

  • 妊活中…400μg
  • 妊娠中(18歳〜49歳)…480μg
  • 授乳中(18歳〜49歳)…340μg

あくまで推奨の目安なので、この数値を毎回絶対に守らなければならない訳ではありません。

しかし合成葉酸の上限摂取量は1000μgとなっているので、過剰摂取にも注意するようにしましょう。

まとめ

今回は妊活の葉酸サプリおすすめ4選と、葉酸はいつからいつまで飲むべきかについて解説してきました。

葉酸には赤血球を作り出す働きや、胎児の成長にとって重要な働きをしてくれます。

妊活中から妊娠を経て授乳中にまで重宝する栄養素ですので、サプリメントも長期的に利用することが可能です。

現在登場している葉酸サプリには、葉酸以外にも特徴のあるものが多いので目的や利用しやすさに合わせて選ぶようにしてくださいね。