妊活にいいこと&いいもの3選!役立ったものやおすすめはコレ!

妊活・不妊治療

妊活をこれから始める人も、始めたばかりだという人も、出来るだけ早く赤ちゃんを授かりたいと願っている人は多いはずです。

妊活を始めたのであれば、できるだけ妊活にいいことを試したり、妊活にいいものを摂取して妊娠率を高めたいものですよね。

そこで今回は、妊活から不妊治療までを経験した私が妊活中に役立ったいいことそしていいものを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

妊活にいいことといいもの3選!妊活中のお役立ちアイテム&行動はこれ!

妊活を始めたら、早く赤ちゃんを授かれると嬉しいものですよね。

少しでも早く授かるためには、自然の流れに任せるというよりもある程度は妊娠や受精に関する知識を身につけて妊活を行なっていくことが重要です。

次項から妊娠の確率を上げるためにできる「いいこと」そして「いいもの」を3タイプ紹介していきます。

まずは本などで妊活の正しい知識を身につけよう

妊活や妊娠について、知っているつもりになってはいませんか?

私は妊活を始めるまで、妊活や妊娠について「知ったつもり」になっていました。

「タイミングさえとっていればいつかは、赤ちゃんを授かる」と闇雲に思っていたんです。

でも妊活をして出来るだけ早く赤ちゃんを授かりたいのであれば、自分やパートナーの体のこと、妊活や妊娠についてもう一度学び直してみることをおすすめします。

と言っても、いきなり妊活などのセミナーに行くことまでは不要です。

身近に出版されている妊活に関する本などで、妊活や妊娠のことを学び直してみましょう。

ちなみに、妊活をするのに私が一番おすすめしたい本が「不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」」です。

「不妊治療なんて、まだまだ考えてない!」という人でも、おすすめしたいこの本。

妊娠が成立するしくみや、なぜ現代の日本で不妊症が増加しているのかなどについて詳しく書かれています。

不妊検査や不妊治療に入る前の予習本としても大活役するので、妊活を始めるのであればおすすめの1冊だといえるでしょう。

また「食事面や健康面からも妊活をサポートしたい」と考える人におすすめの本が「卵子の老化に負けない 「妊娠体質」に変わる栄養セラピー」です。

一見すると妊活に良さそうな行為でも実は妊活に悪影響を与えている可能性があり、妊娠できない理由の一つに栄養不足があるそうです。

この本では、卵子の減りを早くする原因や受精率をアップさせるために摂取すべき栄養素などを詳しく解説してくれています。

自分の体の特徴ごとにどのような傾向があるのかなども説明してくれているので、妊活するのであればこちらも一読しておきたい本だといえますよ。

生理周期など自分の体をリサーチしてみよう

妊活を行うのであれば、排卵日などの生理周期を正しく把握することが重要になってきます。

排卵日前後に性交渉を行うことで、妊娠が成立する確率をあげることができるようになるためです。

そのため妊活をするのであれば、必ず生理周期を記録していくことが重要になってくるでしょう。

自分の生理周期が何日なのかを毎月記録していくことで、排卵日の的中率もあげることができますよ。

生理周期を把握するためには、スマホアプリの利用がおすすめです。

生理開始日を記録するだけで、次の排卵日や生理予定日、性交渉を行うのにおすすめの日などを自動で教えてくれます。

生理周期を記録するためのおすすめアプリは、以下の記事で紹介していますよ。

【2019年度版】妊活アプリおすすめ12選!パートナーと使えるものも紹介
これから妊活を始める人におすすめなのが、アプリを利用した妊活です。生理日や基礎体温を記録していくことで排卵日が予測でき、より妊娠の可能性を高めることができますよ。また現在では妊活アプリにも女性だけが管理するものとパートナーと共有できるもの、

誰にもバレないように記録できるものや、パートナーと一緒に管理できるものも紹介していますので、参考にしてみてください。

また、生理周期の記録の他にも基礎体温をつけ始めてみるのもおすすめです。

妊活アプリを利用することで、基礎体温の管理も一緒にできるようになりますよ。

基礎体温の記録を日々の習慣にすれば、より正確な排卵日を割り出せるようになり、妊娠の確率をあげることができます。

サプリの摂取などで妊娠しやすい体づくりを

妊活に関する基本的な知識をつけて、自分の体調を管理し始めたら、あとは妊娠しやすい体づくりを自分なりに行なっていくのも良いでしょう。

体質などによっても妊活に良いことは人それぞれ違うと思いますが、私は基本的に体を温めることと葉酸サプリの摂取を妊活中は意識していました。

「体を温める=絶対妊娠できる」という訳ではありませんが、体温をあげることで血行が促進され結果的に生殖機能の向上に繋がって妊活に効果的かなと考えていたんですよね。

そのため基礎体温を上げるということは、結構意識していました。

現代人は筋肉量の低下により低体温の人が増えているということから、1日40分ほどのウォーキングをするようにしていましたよ。

この習慣は、妊活が終わって子供が生まれた現在でも続けています。

また、血行促進や妊娠時の体づくりのために葉酸サプリも摂取していましたね。

おすすめの葉酸サプリはこちらからどうぞ↓

妊活の葉酸サプリおすすめ4選!いつから飲み始めるかも詳しく解説
妊活をスタートさせた人の中には、サプリメントを利用しながら妊娠を目指したいという人もいるでしょう。 中でも妊活のサプリメントとして人気があるのが、葉酸の含まれるサプリメントです。 しかし葉酸の含まれるサプリメントにも実に色々な種...

妊活にいいこと&いいもの3選のまとめ

今回は、妊活歴5年の私が妊活みいいこと&いいものを3つ紹介してきました。

インターネットの情報などを見ていると、妊活に関する情報は正しいものも怪しいものも色々と入り混じっています。

まずは妊活や不妊の専門書を読んでみたり、不妊専門のクリニックや産婦人科などでわからないことを医師に相談してみるのも良いでしょう。

まずは妊活に対しての正しい知識を身につけて、その知識をしっかり活用していくことで妊娠の確率をあげられる可能性がありますよ。