出産後の生活費が足りない!収入はフリーランス業でカバーできる!

不妊治療や子育て中の収入事情

こんにちは。ヤスコです。

2018年9月に無事に男の子を出産しました。

息子も無事に生後3ヶ月を迎える直前で、日々すくすく成長しています。

さて、私の家庭は主人・自分・息子の3人暮らしですが、一家の収入の大黒柱は私です。

そのため、出産後もすぐに収入を得なければなりませんでした。

妊娠中にうまくお金が貯められなくて、産後に余裕がないって人も結構いると思うんですよね。

産後すぐなんて雇ってくれるところも見つけられないし、赤ちゃんをあずける訳にもいかない…。

そんな時にも便利に稼げるのが、フリーランスとしての働き方です。

スポンサーリンク

産後の生活費が足りない・なくても収入を得る方法はある

夫と私は共に自営業。

しかも夫の収入は超超不安定で、私が出産したタイミングで夫は貯金ゼロで今後の収入の予定もありませんでした。

かなりヤバい状態ですが、これって私だけじゃないはず…。

旦那さんが会社員で、産後もゆっくり休みながら育児ができる人ばかりじゃないと思う。

という訳で、私は恥ずかしながら産後すぐに収入が必要が状態でした。

で、出産後はどうにかして家賃と光熱費を稼がなきゃ!!って思ってたんですよ。

そこで私が産後得ていたのが、WEBライター収入とアフィリエイト収入です。

私の産後の収入はこんな感じ

ちなみに私の産後の収入は現在のところ以下のようになっています。

  • 出産月…2万円
  • 生後1ヶ月目…約15万円
  • 生後2ヶ月目…約40万円

出産月はほとんど仕事をすることはできず。

コツコツと記事を増やしていたアフィリエイトサイトやブログから少しだけ収入を得られていました。

また、生後1ヶ月頃からはWEBライター業務も復帰。

そして生後2ヶ月になる頃には、家族3人で生活していけるくらいの収入を稼げるようになりました。

とはいえ、私は産前もWEBライターの仕事をしていました。

そのため「もともとWEBライターだったから稼げるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかしWEBライターの仕事なら、未経験で始めた私でも1ヶ月目に月収6万円を、6ヶ月で月収41万円を稼ぐことができましたよ。

詳しくはこちら↓

ランサーズのライター月収1ヶ月目は6万円
こんにちは。ヤスコです。 将来の夢は「ズバリ!お母さんになること!」でも、原因不明の不妊でなかなかこの夢は叶いませんでした。 しかし働き方を変えて不妊治療に専念できたことで、妊活5年目にしてはじめて赤ちゃんを授かったのです。 ...
ランサーズのライター月収6ヶ月目は41万円
こんにちは。ヤスコです。 今日も1日がんばって記事の執筆してました。 お菓子食べながら、音楽聴きながら、猫を膝にのせてライティングしていることも多い私。 まあ、この自由さこそフリーランスの醍醐味でしょう。 今回はラン...

ランサーズやクラウドワークスに登録して収入を得てみよう

産後はとにかく赤ちゃんのお世話があるので、家から離れて働くことは難しいです。

そんな時に便利なのがWEBライターとしてのお仕事。

全くの初心者でもパソコンでタイピングができる人であれば、収入を得られる可能性が高いといえます。

特にランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを利用してお仕事を探すのがおすすめです。



>>未経験でも自宅ですぐに仕事が始められる「ランサーズ」詳細はコチラ

登録したその日から、お仕事を見つけられ収入を得ることができますよ。

私も初めての報酬は、ランサーズにて初日にタスクをこなして1日デ2000円ほど稼げました。

赤ちゃんの魔の3週目あたりから仕事の環境が厳しくなることも

「チリも積もれば山となる」

赤ちゃんが寝ている時間に、クラウドソーシングサイトでタスクなど、簡単な仕事をこなすだけでも1日に数千円は稼げるでしょう。

そうなるとアルバイトやパートで外に出て働くよりも、効率よく稼ぐことができますよ。

ただし、私も出産後スムーズに仕事に戻れた訳ではありません。

出産して2週間が経過するまで息子は、ベッドでスヤスヤと寝てくれていました。

しかし生後3週目から、まさに赤ちゃんの「魔の3週目」がやってきたんです。

という訳で、生後3週目くらいからは抱っこ以外に泣き止んでくれる方法がなく、抱っこで1日が終わってしまう日もありました。

この時はほとほと困り果てましたが、別記事で紹介する抱っこ紐効果でなんとか乗り切ることができましたよ。

詳しくはこちら↓

赤ちゃんを抱えながらでもライター仕事ができる!在宅での稼ぎ方
こんにちは。ヤスコです。 9月に無事に出産を終えて息子との生活が始まっています。 現在は息子も生後3ヶ月に! そんな私も、現在はフリーランスとして仕事に復帰しています。 産後すぐのお母さんの中には、産後の収入に不安が...

赤ちゃんを抱っこしていると、とにかく自分の体の自由が効かないことが多くなります。

そのため赤ちゃんをしっかり面倒みつつ、自分の時間を作る方法を考えなければなりません。

自治体の貸付金制度を利用して一旦お金を前借りし後に返済する方法も考えよう

しかし、赤ちゃんの個性によってもお母さんがお仕事できるかどうかの環境は異なりますよね。

どうしても赤ちゃんから手が離せない、自分の仕事の時間が確保できないという人もいるでしょう。

そのような人で当月の生活費もヤバいという人は、一度自分の住民票がある地方自治体の貸付金制度を確認してみるのもおすすめです。

一時的に自治体などからお金を借りて、首すわり時期後に仕事をスタートして返済するというのも1つの手ですよ。

ただしカードローンなど民間の高金利の業者でお金を借りるのはおすすめできません!

カードローンなどの業者でお金を借りると、利子が高くついてなかなか完済できないためです。

その点、地方自治体の貸付金制度などは金利も優遇されていることが多くなっています。

お金を借りても返済のハードルが低くなっていますよ。

どのような貸付金の制度があるのかは、自治体によっても異なります。

生活福祉資金貸付制度などが利用できないかどうか、役所にて相談してみると良いでしょう。

産後の収入が不安な人は在宅ワークを始めてみるのがおすすめ!

妊娠中は体は重くとも一人でいろんなことができました。

でも、産後はすでに子供がいる訳で。

なかなか思うようには動けません。

そんな時にはお金のことで不安がよぎってしまいがちですが、解決の方法はいくつかありますよ。

赤ちゃんがいて、なかなか外に出れないけれど生活費が…っていう人は、ぜひ在宅ワークを始めてみてくださいね。