不妊治療をどこまで・いつまでやるかの決め方について

妊活・不妊治療

終わりが見えない不妊治療。

現在不妊治療中の人やこれから不妊治療を始める人の中には、ゴールの見えない治療に不安を感じている人もいますよね。

私も不妊治療中には、いつになったら治療から卒業できるのかと、生理がくるたびに落ち込んでいました。

治療の終わりが見えないことで、ストレスを抱え込んだり不安になってしまう人も多いと思います。

治療がステップアップするに連れて、治療をどこまでやるかで悩む人も多いのではないでしょうか。

ここでは、不妊治療経験者の私の体験を元に、不妊治療をどこまでやるかの決め方についてお話ししようと思います。

スポンサーリンク

不妊治療をどこまでやるかは人それぞれ

不妊治療は人によって原因も治療法も実にさまざま。

男性側に原因がある場合もあれば、女性側に原因がある場合もある、そして原因不明の場合も多くなっています。

不妊治療を行うカップルの数だけ、生活の状況だって十人十色。

そのため不妊治療をどこまでやるかは本当に人それぞれ違います。

もしも不妊治療をどこまでやるのか事前に決めるのであれば、自分やパートナーの心、体、そして費用や年齢なども考慮して決めなければなりません。

不妊治療をどこまでやるか決めるための3つの要素

それでは、不妊治療をどこまでやるかを決めるための3つの具体的な要素をみていきましょう。

費用をどこまでかけられるか

当たり前ですが、不妊治療を行うのであれば治療費がかかってきます。

地域などによっては、不妊治療を行うと一定の助成金を受けることができる場合もあるので、うまく活用するのがおすすめです。

しかし不妊治療をするのであれば、ある程度の自己負担での出費は避けられません。

どのくらいの費用を自分で負担できるのかによっても、不妊治療をどこまでやるのかを決める重要な要素になるでしょう。

タイミング法

医師から排卵日や妊娠しやすい日の指示を受けてその前後に性行為をして妊娠の確率を高める方法です。

月にかかる費用は数千円〜1万円くらいが相場となります。

人工授精

排卵のタイミングに合わせて子宮に人工的に精子を注入する方法です。

月にかかる費用は、およそ2万円〜3万円くらいが相場となります。

ただし地方自治体や国からの助成が受けられる場合もあるようです。

体外受精

卵子を体外に出してシャーレの上で受精させてから受精卵を体に戻す方法です。

採卵の条件や病院によっても費用に差がありますが、月にかかる費用は20万円〜60万円ほどの費用が相場となっています。

ただし地方自治体や国からの助成が受けられる場合もあるようです。

心と体のストレスをどれくらい我慢できるのか

不妊治療は治療前にはなかったようなストレスが、心と体にのしかかってきます。

治療を始めると、どうしても赤ちゃんを授かったか授かってないかが気になってしまうものです。

しかし授かったのか授かってないのかは、一般的に生理予定日以降でないと知ることはできません。

ひと月のうちでたった一回の結果発表を聞くために、まる一ヶ月妊娠しているかどうかで悩んでしまう人も多くなっています。

また、毎月採血や排卵誘発のための注射、薬の服用など、体の負担も大きく、中には服用している薬の副作用などで体調を崩してしまう人もいるものです。

赤ちゃんを授かるために、体や心のストレスを自分でどれくらい受け止められるのかも、不妊治療をどこまでやるかの重要な判断基準です。

社会的な問題でどれくらい治療を続けられるのか

費用面、体と心のストレスに加えて、仕事の事情によっても不妊治療はどれくらいまで続けることができるのかが異なります。

職場に不妊治療を伝えている人もいれば、職場には伝えずに不妊治療を始めている人もいますよね。

不妊治療をしていると、曜日や日付を問わず病院への通院を求められることが多くなります。

これは排卵日に合わせて、治療前に検査や準備などを行わなければならないためです。

そのため不妊治療のことを職場に伝えていなければ、欠勤や早退・遅刻が徐々に増えてくると理由を考えることに負担がかかってきます。

また、職場に治療の件を伝えてある人でも、職場の同僚に仕事の負担が行ってしまうのが申し訳ないと仕事を休みにくくなる人もいるようです。

全く問題ないという人もいるとは思いますが、職場の状況は人それぞれ異なります。

人によっては、仕事をどれくらい欠勤・早退・遅刻できるのかなども不妊治療をどこまでやるのかの大きな決め手になるでしょう。

不妊治療は体外受精2回目までと決めていた私の場合

そもそも私は、最初から不妊治療をいつまでやろうかなんて考えてはいませんでした。

しかし人工授精1回目の時に、体と心にかかる負担の大きさにツラい気持ちになってしまい、リミットを決めてそこまでは頑張ろうと思ったのです。

そして金銭的な面からも、私の場合は不妊治療にかけられる総額がだいたい50万円〜100万円未満だなと思っていました。

助成金がもらえるとしても全額免除にはなりません。

しかし助成金がもらえる前提で自己負担学が50万円〜100万円に抑えるんだったら、だいたい体外受精2回目くらいなのかなと思ってリミットを決めたのです。

子供のいない人生プランも考えてみた

リミットを決めた後に考えたのが、子供のいない人生についてです。

リミットを決めたからには、そのリミットまでに授からない場合だって大いにありますから。

リミットが来て「どうしよう…。」と落ち込みたくはなかったんですよね。

リミットが来ても、すぐに自分の新しい人生の目的に向かって生きていけるようにしたかったのです。

もしも子供ができなかったら、夫と2人たくさん旅行にいくのかな…犬を飼って、それから家具も新調して….などなど。

子供のいない人生プランについても、夫と2人で話あったりしてみました。

後悔のないように治療を頑張って、それでもダメならそれはそれで楽しく生きていこうって思ったんですよね。

自分の置かれている状況から不妊治療をどこまでやるか考えてみるのも1つの方法

不妊治療はいつ終わるともわからないゴールに向かってひたすら進んでいくというイメージです。

今月終わるかもしれないし、何ヶ月もかかるかもしれない。

だけど不妊治療で制限されることや、治療をしなければ考えなくてもいいことも考えるようになります。

不妊治療をどこまでやるかは、その人それぞれの判断です。

後悔のないようにパートナーとしっかり話し合いながら、どこまでチャレンジするかを決めてみるのも良いかもしれませんね。