プログラミング独学のやり方 まずは教材を探していみる【学習1日目】

不妊治療や子育て中の収入事情

さてさて、本日からプログラミングを独学で学んで行こうと思います。

とはいえ、プログラミングについて全く無知な私。

一体どうやって勉強していくのが良いのだろう…。

予算的にある程度は有料での勉強法も考えているけど、できる限り無料が良い。

ということで、今回はプログラミング独学のやり方として、まずは教材探しをしてみようと思います。

スポンサーリンク

プログラミング独学のためのやり方としてまずは教材を探してみる

プログラミングのプの字もわかっていない私ですが、これからプログラミングに挑戦します。

だけど、プログラミングって何をどうやって学んでいくのがいいのでしょうか?

とりあえず「プログラミング 独学」とか「プログラミング 学習法」などのそれっぽいキーワードでGoogle検索やTwitter検索をはじめました。

すると、まあ出てくる出てくる、独学でのプログラミングの学習法。

しかもかなり良さげなものが揃っている。

Twitterにも優秀なプログラミング講師の方が多く、非常に頼りになります。

すぐに、プログラミングに関する有益な情報をつぶやいている方をフォロー。

ネット上のプログラミング学習の教材の中には有料のものもありますし、無料のものもあります。

自分の場合は、最初からお金を出して解決しようとすると受け身になってサボるので、無料のものに絞って探してみました。

プログラミング独学のためのやり方は参考にするものを3つに絞ってみた

プログラミング独学のための無料教材といえるものの中でも、自分が実際に参考にしたいとか使ってみたいと考えたのが以下の3つです。

  • マナブさんの「【保存版】プログラミング基礎の完全ロードマップ【挫折しない教材】」
  • プロゲート
  • ドットインストール

プログラミング独学でも無料で手取り足取り感満載のマナブさんのブログ

まず最初に私がここからやろう!と考えたのは、Twitterでも有名なマナブさんの「【保存版】プログラミング基礎の完全ロードマップ【挫折しない教材】」です。

プログラミング初心者が、プログラマーとして5万円を稼ぐまでのロードマップとして利用できるようになっています。

まずはプログラミングを学習するための心構えから、つまづいた時の対処法に至るまで、こと細かに書かれています。

「無料でこんなに手取り足取り教えてくれるなんてスゴイ…!」というのが、このロードマップを見たときの率直な感想。

この通りに忠実にやっていけば、とりあえず5万円まで達成できそうだ…!

ということで、まずはマナブさんのこの記事のロードマップ通りにすすめていくことにします。

プログラミング独学で実践の補足として使っていきたいプロゲート

プログラミングを実際に勉強しはじめてないのでアレなんですけど、とりあえず手を動かしてコードを覚えるために利用できそうなのが「プロゲート」。

プロゲートはオンライン上でプログラミングが学習できるサイトです。

動画を視聴して、その後実際にコードを自分で書いていくという実践型の学習サイトなのでこれまた結構使えそうですね。

初級編は無料となっており、中級者以上のレベルを学習したい場合には有料会員となる必要がありそう。

ちょいちょい使えそうなので、マナブさんのロードマップのかたわらで必要であればこなしていこうと思います。

プログラミング独学でさらにステップアップするならドットインストールも検討

プログラミング学習がある程度進んできたら利用してみたいと考えているのが「ドットインストール」です。

プロゲート同様に動画を視聴して実践という流れの学習サイトのようですが、こちら専門用語などが多めで中〜上級者向けとの口コミが多くなっていました。

プロゲートをやっていく中でもしも物足りなさを感じるようであれば、ドットインストールも使っていこうかなと考えています。

プログラミングの独学で私はとりあず本は買わない

プログラミングを独学で行う方法の1つとして、ネットの情報以外にも書籍を購入するっていう人もいると思います。

しかし私はとりあえず本は必要だと思えるまで買わない方向でいこうと思ってるんですよね。

だってプログラミングのコードが羅列されてる本なんて、正直めっちゃ眠くなりそうじゃないですか?

多分、最後まで読み切る自信ないです。

だったらブログやYoutubeなどの動画で学習した方が効率いいんじゃないかな〜って思ってます。

もともと本読む速度もそんなに早くないので、とりあえず本の購入はナシの方向で考えてすすめますね。

プログラミング独学の最大の弱点はメンターがいないこと

プログラミングの独学方についてここ数日調べてきた率直な感想は、「優れたプログラミングの無料教材がネット上にゴロゴロ転がっている。」というものでした。

こんなに、最初からある程度のスキルを学習するまで無料で公開される技術って少ないんじゃないでしょうか。

しかし優秀な無料の教材が手に入りやすいのに挫折する可能性があるのは、メンターがいないからなのかなとも思います。

メンターとは、助言やアドバイスをくれる人、いわば先生です。

そもそも、独学ってやってもやらなくても誰に何を言われる訳でもありません。

数日サボろうが数ヶ月サボろうが、そのままやらなくなろうが自分の勝手です。

逆に、サボっても何も言われないけど自分の身にはなりません。

むしろ誰かに背中を押されないとできない人や、誰かに「頑張れ」って言ってほしいような人は有料でスクールに行った方がいいかもしれないですよね。

私も独学でプログラミング学習をすすめていく自信は、今の段階であるのかないのか良くわからないです。

ただ、少しでもサボらないために、自戒の念を込めてブログやTwitterなどでも学習の進行状況を発信していこうと思います。